アイ・サイナップ株式会社

ユビキタス社会のベースとなる技術やセキュリティをサポートアイ・サイナップ株式会社

研究開発RESERCH

今までの温度差発電との違いは

今までの温度差発電は人工衛星をはじめとする高温で使用する事を前提で開発されており低音で見向きもされませんでした。
実験装置では銅板で挟むか銅板内に水路をもうける程度で実用化は難しいと思われていました。 ヒートパイプと組み合わせることで熱を持った水以外も利用可能となり効率よく温度差を利用することで慶応義塾大学の武藤教授が手のひらの温度で発電してモーターを回すデモ機を作成して世間を驚かせました。
ヒートパイプは当初、一般的な円柱の物を利用していましたが熱源の位置に制約、規模を大きくしにくいなどの欠点がありました。
i-Cynap では温度差発電に最適なヒートパイプを調査した結果ティーエス ヒートロニクス社の自励振動式ヒートパイプを利用して さらに効率よく発電できるようになりました。

  • 自励振動式ヒートパイプ
  • ヒートパイプと温度差発電実験装置自励振動式ヒートパイプ

    自励振動式ヒートパプは効率よく熱を運び、そのまま発電素子に密着できるので温度差をロス無く発電することができます。

温度差発電実験装置の紹介

温度差発電実験装置

  • 温度差発電実験装置
  • 触媒加熱装置は、オイル懐炉です。気化した燃料が白金触媒に接触すると熱が発生します。炎は出ません。

  • 温度差発電実験装置
  • 装置を分解した状態

  • 温度差発電実験装置
  •  

  • 温度差発電実験装置
  • 自励振動式ヒートパイプの実験装置(室温との温度差発電)

  • 温度差発電実験装置
  • 自励振動式ヒートパイプを使用した集熱装置

温度差発電装置の詳細

今までと何が違うの

いままで、熱いと言っても熱量が少ない、温度が低いなどで利用されていませんでした。
規模を大きくする事でヒートポンプや熱交換器を使って熱を集めてからタービンを回すなど一度機械的に変換していました。 今回の温度差発電は機械的な変換はせずに直接電気に変えているので今後も変換効率を向上させる事が出来ます。

利点は?
  • ・熱需要の多い都市部で豊富に得られるエネルギーです。
  • ・家庭の屋根やビルの屋上など太陽熱を受けられる場所でしようできます。
  • ・燃料を燃やさないのでCO2は一切出ません。
  • ・機器のメンテナンスはほとんど必要ありません。
  • ・温泉、川、海水、と自然界の温度差を利用できます。
注意

温度差発電は温度差があれば発電しますが、発電時に温度が交換されています、冷たい物は暖かく、熱い物は冷やされます。
地下を利用する場合、地下水が流れている場合は冷却に使えますが、地下水が流れてない場合、地下は蓄熱されます。上手く利用すればどちらのケースでも温度差発電には有利に利用できます。

太陽光発電(太陽電池)と同じでは?

シリコンを使っている点では同じですが、太陽光発電は光を電気に変換しています。そのため太陽光発電は昼間のみ発電しています。
これに対して温度差発電は昼間に余った熱を蓄熱する事で日没後も蓄熱が無くなるまで発電します。温度差を持続する工夫により太陽光発電より長時間発電できるのです。

i-Cynap が温度差発電でしている事
  • ・武藤研究室研究員の社長が武藤教授と共同開発しています。
  • ・温度差発電の基礎研究
  • ・太陽熱温度差発電
  • ・温度差発電で自励振動式ヒートパイプの組み合わせ
  • ・駅のホームで冷却ミストと組み合わせて快適なホームで発電
  • ・一般家庭やビルの屋上に設置して温度差発電でヒートアイランドをクールに
武藤研究室と実証実験しませんか?

i-Cynap では武藤研究室共同で実証実験をするパートナーを探しています。

  • ・温泉での発電
  • ・ビルの屋上での太陽熱温度差発電装置(家庭用)
  • ・駅のホーム
  • ・温度差が利用できる環境をお持ちの企業

お問い合わせは、i-Cynap 江藤まで。

参考リンク
ページトップへ